世界サッカー代表チームのユニフォームの傾向(2006年)

サッカーの代表チームのユニフォームって、

基本的には2年ごとにモデルチェンジされているようですね。

そこで、2006年以降の各国のサッカーユニフォームの傾向について

少し覗いてみたいと思います。


2006年ドイツW杯(ワールドカップ)

ドイツW杯に出場した32ヶ国のユニフォームメーカーのシェアです。

アディダス(adidas):6チーム

プーマ(PUMA):12チーム

ナイキ(NIKE):8チーム

UMBRO(アンブロ):2チーム

Lotto:2チーム

Joma:1チーム

marathon:1チーム


アディダス(adidas)が、トップシェアを誇っていたのですが、

ドイツW杯では、その座をPUMAに渡してしまいました。

アディダス(adidas)が、リベロとユナイテッドの両モデルで、

曲線のラインを強調したデザインを次から次へとリリースしたことで、

デザインの流れ、時代の流れを作り出したことには、変わりはありません。

リベロからオノーレのアシンメトリーデザインの採用、

他ブランドでも見られる胸のゼッケンの真ん中から右胸への移行は

まさしくアディダス(adidas)が作り出した流れといえます。


各メーカーのデザインの流れの傾向としては、

アディダス(adidas)は、ホームそしてアウェイの両モデルで、

別々の違う汎用モデルを採用することが増えてきており、

ナイキ(NIKE)も、アウェイモデルについては、オリジナルのデザインを採用することが増えています。
プーマ(PUMA)は、比較的デザインはシンプルですが、エンブレムの動物、各国の国旗や

紋様をすかし風に入れていますね。

プーマ(PUMA)のロゴが肩の部分に配置されているのですが、

この配置はカッパ(Kappa)でも見られます。


ユーロ2008年スイス・オーストリア

ユーロ2008年に出場した16ヶ国のユニフォーム各メーカーのシェアは次のとおりです。

アディダス(adidas):5チーム

ナイキ(NIKE):5チーム

プーマ(PUMA):5チーム

UMBRO(アンブロ):1チーム

このシェア率を見ると3大ブランドが、しのぎを削っているって感じでしょうか。


サッカーユニフォームの傾向と時代の流れトップへ

 

スポンサードリンク

次のページ >>

関連ページ

サッカーメニュー